<< 猫嫌いな猫写真 | main | 嫁がいない >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.03.21 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

宮本輝「骸骨ビルの庭」を読んでみたら

 
宮本輝さまの「骸骨ビルの庭」を読んでみました。

いろんな本を読むワタクシですが、そんな本を読む楽しさを教えてくれたのが宮本輝さまで、
輝の本(エッセイを除く)はたぶん全部読んでいる、それくらい輝を愛してしまっているんです。

そんな宮本輝さまをどれだけ愛しているかを★の数で表現すれば、

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★  ★は2行ほどでありまして、

今回読んだ「骸骨ビルの庭」のお勧め度を★で表せば、★1個でゴメンなさいなんです。

                    
                宮本輝さまの「骸骨ビルの庭

あらすじは、住人たちを立ち退かせる役目を担って八木沢は管理人として骸骨ビルに着
任する。そこは、食糧は不足し、治安も乱れる戦後、二人の青年が帰る場所を失った子
供たちと暮らした場所だった。成人してもなおビルに住み続けるかつての子供たちと、老
いた育ての親、それぞれの人生の軌跡と断ち切れぬ絆が八木沢の心を動かしていく。
 
僕が宮本輝をあまり知らなかったら、なんか難しくて回りくどい本だと思うことだろう。
でも、僕は輝が好きで彼の本を読破してきたからこそ今回は言いたい。今までは思って
も恐れ多くて、尊敬してるからこそ言いたくなかったが今回は言いたい。

宮本輝さま、だんだん頑固おやじになってきましたね。何か社会に不満があって、その方
向にベクトルが向き続けている、そんな感じがします。宗教家っぽいです。
小説家のあなたがいて、読者の私たちがいる。それなのにあなたは小説家としての劇
を降りたのだ。

もっと肩の力を抜いて幼稚な本を書いてください、あなたを好きだからこう言います。



人気ブログランキングへ
←ランキングに参加していますが、探すのが大変な位置にいます!


JUGEMテーマ:日記・一般
 


スポンサーサイト


  • 2014.03.21 Friday
  • -
  • 11:13
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
オイコラー!!
難しい本は読めないワタクシですが
★の数の多さは、なんですかー!?

いや、そんな事よか、
オトコの小骨って。。。

どこの骨ーーーーー!?
  • バカ王女
  • 2009/10/03 11:26 PM
あ〜〜〜〜〜〜ん???
オトコの小骨がどこかだって?
そんなの知るか、この小ボケ王女!!!

そんなことより何よりも、
おぬしの家の窓から見えるブタ野郎たちに
オバカ王国の計り知れぬ何かを感じました。
アッパレです。。。
 
どうも初めまして。
20歳で宮本先生に出会ってそれ以来ファンです。
それまで知らなかったんですが宮本先生は創価学会員だと。
骸骨ビルの庭は宮本先生の学会で学んだ全てが詰まったものだと私は感じました。宗教家じゃなく一信徒としての人としてあるべきを先生なりにあらわしたものだと思います。
例のメモは正に創価学会でも教えてるご金言。貧女の譬えも然りです。
ただ宗教という偏見なしに読んでみたらそれまで宮本先生を支えてきた先生の羅針盤が何であったかとわかるものです。
長文失礼しました。
  • めめ
  • 2012/08/22 1:22 AM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
管理人のお気に入り
by Google
管理人のサイト
オトコ前の節約
オトコの背中(旧ブログ)
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座