<< EASYTONEに胸倉掴まれて | main | ラーメン二郎新小金井街道店2杯目 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2014.03.21 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

塔山郁『毒殺魔の教室』を読んで


塔山郁『毒殺魔の教室』を読んでみました。『このミステリーがすごい!』大賞2009年第7回
優秀賞受賞作です。


                   

内容は、男子児童が教室内で毒殺される。加害児童は、三日後に同じ毒により服毒自殺を遂げ、
動機がはっきりとしないままに事件は幕を閉じた。そのショッキングな事件から30年後、ある人
物が当時の事件関係者たちを訪ね歩き始めた。ところが、それぞれの証言や手紙などが語る事
件の詳細には微妙なズレが。やがて、隠されていた悪意の存在が露わになり始める。

出演は、蓬田美和(江川紹子)、仙石夏実(沢尻エリカ)、米盛圭吾(酒井法子の旦那)ほか。
()内は僕が勝手にイメージしちゃった有名人。最後まで拭えなませんでした。

正直、湊かなえの『告白』を読んだことがあると、類似点が気になってしまう。パクってるわけじゃ
決してないんだろうけどね。偶然の不運ってやつか。でも、よく練られているなと感心してしまい
ました。目新しさはないけど、意外性もあるし、この緻密な計算と構成は『告白』以上ですね。
読みやすさでは『告白』を、深さでは『毒殺魔の教室』をおすすめしたい、そんな感じです。


人気ブログランキングへ
←ランキング中です。ポチっと押してくれたらうれしいです!




スポンサーサイト


  • 2014.03.21 Friday
  • -
  • 07:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
この作品はストーリー構成はいいんですけど、問題は主人公の蓬田美和が上から目線という点と登場人物達が、子供時代は小学生の割に大人すぎて、現代は40代の割に幼すぎるというところです。
この作品が大賞を獲得出来なかったという理由がなんとなくわりました。
  • 2010/11/28 4:00 PM
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
管理人のお気に入り
by Google
管理人のサイト
オトコ前の節約
オトコの背中(旧ブログ)
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座